良い印象のコツ

好印象を与えるポイント

就活写真は企業が初めて見るあなたの姿であり、そこでの第一印象は非常に大切です。 最近は様々な場所にスピード写真が撮れる機械が置かれています。しかしより好印象となる就活写真を撮るためは、きちんとした写真スタジオにお願いするのがおすすめです。写りの綺麗さはもちろんですが、スタジオで撮影した場合にはデータが残ることがほとんどです。これは焼き増しが必要になった場合、非常に便利です。 撮影時には無理のない程度に目をなるべく大きく開くのもポイントです。目力という言葉があるように、人間の顔で真っ先に注意をひくのは目だと言われています。やり過ぎはいけませんが、より印象を強く残すためにはとても良い方法です。やる気が伝わるように明るい表情で撮影に臨みましょう。

少しの工夫でより良い写真に

まず男女共に言えるのが、髪型に注意することです。前髪が目にかかっているととても暗い印象を与えてしまいます。短めに切るか、女性の場合にはしっかり横に流すようにしましょう。 就活写真を撮る場合、女性は特にメイクに気を使う必要があります。アイシャドウはブラウン、チークと口紅の色は揃えるなど少しの意識で驚くほど印象が良くなります。 提出された履歴書はコピーされて使われることがほとんどです。そのため撮った就活写真を一度白黒でコピーしてみると、カラーでは分からなかった注意点が見えてきます。表情が暗く見えてしまったり、背景の明るさが合わない場合には撮り直しをした方が無難です。 写真での印象が良いと、面接での受け応えも好意的に感じてもらえることが多いです。魅力を最大限に引き出すために、しっかり意識して下さいね。

Designed by CSS.Design Sample

このエントリーをはてなブックマークに追加